地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムとは

地域包括医療とは「地域に必要な包括ケアを、社会的要因を配慮しつつ継続して実践し、住民(高齢者)が住み慣れた場所で、安心して一生その人らしい自立した生活げ出来るように、そのQOLの向上をめざすしくみであり、包括ケアとは治療(キュア)のみならず保健サービス(健康づくり)、在宅ケア、リハビリテーション、福祉・介護サービスのすべてを含有するもので、多職種連携、施設ケアと在宅ケアとの連携及び住民参加のもとに、地域ぐるみの生活・ノーマライゼーションを視野に入れた全人的医療・ケア、換言すれば保険(予防)・医療・介護・福祉と生活の連携(システム)である。地域とは単なるAreaではなくCommunityを指す」と定義づけています。

地域包括ケアシステムを一言でいえば保健・医療・介護・福祉の連携システムであり、また、施設ケアと在宅ケアとの連携をも指しています。

地域包括ケアシステムのハードが公立みつぎ総合病院、保健福祉総合施設(老健施設・特養等介護施設、リハビリテーションセンター等)及び保健福祉センター、介護予防センター等であり、ソフトが健康づくり、在宅ケア、リハビリテーション、寝たきりゼロ作戦(介護予防)、介護・福祉、住民参加等です。

▲ページの先頭へ