医療関係者のかたへ 地域医療をもっともっと良くしよう

公立みつぎ病院を選んだ理由

 さまざまな病院見学をして、最終的に選んだ病院がここでした。大学病院や急性期病院から退院した患者がどうなっているか、どのようなフォローを受けているのか、学生時代中では教えてくれないことが、この病院にはありました。

研修医からのメッセージ

「広い視点を持った医師になりたい。」その思いでみつぎを選びました。

 2年次研修医 堀口崇典

堀口崇典 先生 出身は大阪府で宮崎大学卒業です。
 私が縁もゆかりもない広島の病院を選んだのは幅広い視点を持った医師になりたいという思いからでした。大学時代に宮崎県の山間部の病院で実習を行った際、病気だけでなく、人を診る医療の必要性を学びました。
 そして人を診るには病院での医療だけでなく在宅や施設での医療はもちろん、保健・介護・福祉にも精通していないといけないと強く感じました。
 みつぎでの研修は病院での研修はもちろん、積極的に在宅や施設での研修に加え保健活動にも取り組むことができます。また研修内容の自由度も高く内科をまわりながら他の診療科の検査や手術、外来に入ることができ、自分の興味に合わせ2年間のプログラムを作っていくこともできます。(僕の場合は呼吸器内科や眼科、泌尿器科を積極的に経験しています。)
 縁もゆかりもない土地でも指導医をはじめ病院のみなさんに温かくサポートしてもらい充実した日々を過ごしています。将来総合医を目指す人はもちろん、幅広い視野を持つ専門医になりたいみなさんにはおすすめの病院です。




「急性期から地域包括ケアまで幅広い研修が出来る病院です」

 2年次研修医 内木敏雄

内木敏雄 先生 大分大学から参りました、内木敏雄と申します。地元である広島に帰り、充実した毎日を過ごしております。学生の時に経験した地域医療実習がとても楽しく、地域医療を勉強するうちに、本院のことを知りました。まさか地元の広島に発祥の地があるとは思わず、ドキドキしながら見学に来たことを思い出します。
 今現在は内科を主に病院内でローテートしておりますが、2年次には広い御調町内で文字通り広く医療・介護・福祉・保健分野を学ぶことができます。 私が学生当時に見学に来た際、上級医の先生からいただいた言葉を覚えております。
 「素敵な料理を作るには、まずしっかりとした器が必要だ。初期研修のうちに広い器づくりをしたうえで、後期研修の段階では盛り付ける料理に専念しなさい。初期研修の時点で病院内での医療に特化せず、自ら学ぶ幅を狭めないように。」  まだ専門性が確立してない初期研修の時期だからこそ、なんでも自由に取り組めることができると思います。
 専門性を極めるのは医師、患者さん双方にとって大事ではありますが、患者さんのニーズが医学的知識の専門外にあることは多々あると思います。  例えば、胃がんの患者さんで手術適応外、予後が望めない方に対して具体的なアプローチができるのは病院内での医療のみにとどまりません。ADL低下時に備えた住宅改修、食事形態の工夫と栄養指導、在宅で過ごすために利用する様々なサービスなど多岐にわたります。  患者さんが求めていることに対して鋭敏で、実生活や目に直接見えないことまで想像できる医師が理想です。
 ぜひ私たちと一緒に充実した2年間を過ごしませんか。




「病気に対する対応だけでなく、患者さんのニーズを含めたケアができる医師」を目指したいです。

 1年次研修医 松野志歩

松野志歩 先生  鹿児島大学から参りました松野と申します。大学卒業を機に地元である広島に戻り研修させて頂いております。  私は大学4年生頃から研修先の病院を探し始め、見学にも行かせて頂いたのですが、公立みつぎ総合病院は他の病院にはない多くの特徴がありました。病院見学で訪問診療や訪問看護などを見させていただき、地域包括ケアのお話しを聞くことができました。今後の日本の更なる高齢化によって、このような病院以外での医師の役割も増えてくるかと思います。その時、初期臨床研修で地域包括ケアについて学び、医療だけでなく保健や介護、福祉まで理解したすそ野広い医師になればより、柔軟に患者さんに対応し、ニーズに応えることができるようになると思ったので公立みつぎ総合病院で研修させて頂こうと思いました。  また、病院内の研修においても、自由に外来や検査、手術などに入ることができ、実際に手技をさせていただく事が多いのもこの病院の特徴です。  初期臨床研修ではまず一般的な医療の知識や基本的な手技を身につけたい、そして保健や福祉を含めたより広い視野を持った医師になりたいという方ぜひおすすめしたい病院です。

公立みつぎ総合病院での研修の特徴

・「医師」として扱われ、積極的な治療を行います。

・主治医として、必要な診察、検査を行います。

・地域保健医と研修医として勤務し、多くの学会、研究会に参加します。

・地域の特性にあった医療を学べます。

・在宅に繋がる医療の根幹を学べます。

・研修目的であるプライマリケアを十分に学び、実践します。

・家族のように医局、職員が可愛がってくれます。

・全人的な医療・福祉・保健・介護を行い、医師としての役割を学びます。

歯科臨床研修医日記

▲ページの先頭へ