初期臨床研修の目標と特徴

医師としての人格を涵養し、医学・医療の果たすべき社会的ニーズを踏まえ、プライマリ・ケアを中心とした医学全般にわたる幅広い基本的臨床能力を修得する。同時に自ら学び問題を解決していく能力と方法を獲得することを目標としている。

特徴

地域中核病院としての機能を活用し、プライマリ・ケアを中心とした様々な基本的診療能力を効率よく身に付け、外来、病棟、施設、在宅での医療をバランスよく経験し医療全体の枠組みを理解し保健・医療・福祉・介護の各側面を考慮した基本的な診療計画を立案し評価できる能力を養うことができる。
急性期病院の機能のみならず、緩和ケア、療養病棟など多様な研修が可能であり、リハビリテーションについては急性期から回復期、維持期まで、更に地域リハビリテーションについても研修できる。

研修プログラムの概要



 

協力型病院 協力施設
・JA尾道総合病院 (小児科、産婦人科)
・府中市立湯が丘病院 (精神科)
・大和診療所 (三原市大和町)
・保健福祉総合施設
・御調保健福祉センター

資料請求先

〒722-0393 広島県尾道市御調町市124番地
公立みつぎ総合病院 総務課 庶務人事係
TEL: 0848-76-1111
FAX: 0848-76-1112
お問い合わせにはmcw124@poppy.ocn.ne.jpこちらをご利用ください。