研修医からのメッセージ

「病気に対する対応だけでなく、患者さんのニーズを含めたケアができる医師」を目指したいです。

鹿児島大学から参りました松野と申します。大学卒業を機に地元である広島に戻り研修させて頂いております。私は大学4年生頃から研修先の病院を探し始め、見学にも行かせて頂いたのですが、公立みつぎ総合病院は他の病院にはない多くの特徴がありました。病院見学で訪問診療や訪問看護などを見させていただき、地域包括ケアのお話しを聞くことができました。今後の日本の更なる高齢化によって、このような病院以外での医師の役割も増えてくるかと思います。その時、初期臨床研修で地域包括ケアについて学び、医療だけでなく保健や介護、福祉まで理解したすそ野広い医師になればより、柔軟に患者さんに対応し、ニーズに応えることができるようになると思ったので公立みつぎ総合病院で研修させて頂こうと思いました。 また、病院内の研修においても、自由に外来や検査、手術などに入ることができ、実際に手技をさせていただく事が多いのもこの病院の特徴です。

初期臨床研修ではまず一般的な医療の知識や基本的な手技を身につけたい、そして保健や福祉を含めたより広い視野を持った医師になりたいという方ぜひおすすめしたい病院です。

松野 志歩(2年次研修医)

「将来地域医療を担う歯科医師を目指す方にはお薦めの病院です。」

広島大学出身の今戸です。4月からこの病院で研修させて頂いております。学生時代、高齢者の口腔機能向上に興味があり病院見学に来ました。見学の日は七夕の時期で、施設には高齢者の方々が書かれた短冊が飾っていました。短冊には「食事にとろみがなくなってほしい」「もう少し硬いものが食べたい」という願いが書かれていました。高齢者で摂食嚥下機能の低下に悩んでいる方が多く見受けられたことに驚きました。これまでは高齢により咀嚼や嚥下機能が低下するのは致し方ないことと考えられていましたが、老化現象と考えられていたものの中に病的な機能低下があり、この病院ではそれを老化として放置するのではなく患者さんの咀嚼嚥下機能を評価し、治療やリハビリテーションを行い咀嚼嚥下機能の向上を目指しているのがとても素晴らしく思いました。自分も将来地域医療を担う歯科医師として高齢者の口腔機能の向上に貢献したいと思い、研修先を公立みつぎ総合病院にしました。

4月からは外来診療だけでなく病棟、在宅、保健福祉総合施設での訪問診療を行い、実際に咀嚼嚥下機能の評価、治療を行っています。訪問先では外来とは異なる環境の中でいかに工夫して診療を行うのか学ぶことができます。また院内の様々なカンファレンスに参加し歯科医療だけでなく、患者さんが退院後どのような医療・介護サービスを利用していくのか知ることができました。

研修が始まった頃は、外来、病棟、在宅、施設の診療など、日々目まぐるしく変わる環境に慣れるので精一杯でした。まだ歯科での臨床研修が始まって5か月ほどですが、歯科医師としての知識、技術向上はもちろんのこと、様々な困難や苦悩を繰り返し、人間としても成長することができたと思います。

この病院では高齢者の口腔機能向上に歯科として関わりたい強い思いがある人にとっては非常に勉強になると思います。是非、公立みつぎ総合病院での研修をお薦めします。

今戸 瑛二(歯科研修医)

公立みつぎ総合病院での研修の特徴

  • 「医師」として扱われ、積極的な治療を行います。
  • 主治医として、必要な診察、検査を行います。
  • 地域保健医と研修医として勤務し、多くの学会、研究会に参加します。
  • 地域の特性にあった医療を学べます。
  • 在宅に繋がる医療の根幹を学べます。
  • 研修目的であるプライマリケアを十分に学び、実践します。
  • 家族のように医局、職員が可愛がってくれます。
  • 全人的な医療・福祉・保健・介護を行い、医師としての役割を学びます。