このたびはホームページをご覧いただきありがとうございます。
2019年4月1日付で尾道市病院事業管理者に就任いたしました突沖満則です。
 尾道市病院事業である尾道市立総合医療センターには、尾道市立市民病院、尾道市立市民病院付属瀬戸田診療所、公立みつぎ総合病院及び保健福祉総合施設があります。これらの設置者である市長から、病院事業の運営(経営)を任されているとともに、市民の皆様の健康、福祉の増進を担っていることに対し、病院事業管理者としての重責に身の引き締まる思いを感じております。
 尾道市立市民病院と公立みつぎ総合病院は、急性期医療、救急医療を担うとともに、地域の中核病院として、それぞれの特徴を活かした運営がなされております。また、公立みつぎ総合病院では、山口昇名誉院長、相談役・顧問が日本で最初に「地域包括ケアシステム」として提唱、実践された保健・医療・介護・福祉の連携による地域ぐるみのケア体制が作り上げられており、日本の地域包括ケアシステムのモデルとなっています。これからも、二つの病院が大枝院長(尾道市立市民病院)、沖田院長(公立みつぎ総合病院)のリーダーシップのもと、更に発展するよう市立病院の経営責任者として尽力して参る所存であります。
 しかしながら、国の医療費抑制政策や医師不足等により、現在の医療を取り巻く環境は非常に厳しく、さらに、働き方改革や消費税増税等の問題も山積しており、在籍しているスタッフの地域医療に対する熱意に頼るだけでは、地域医療の崩壊が危惧されるまでに至っております。より良質の医療を提供し続けることが病院事業の使命であり、全職員一丸となって地域医療崩壊の危機を乗り切りたいと思っております。それぞれの病院が地域医療の最後の砦として、市民に愛され、信頼される病院となるよう、地域の皆様の更なるご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、就任のごあいさつとさせていただきます。