当院の緩和ケア

理念

  1. 患者さまの生き方や意思を尊重した緩和ケア
  2. 早い時期からの継続的な緩和ケア
  3. 在宅および施設における総合的な緩和ケア
  4. 保健・医療・福祉の連携による質の高い緩和ケア
  5. 地域に密着した地域緩和ケア

当院が考える緩和ケア

がんの患者さまの痛み・食欲不振・体のだるさをはじめとする様々な身体的苦痛を緩和し、また心配・不安・不眠などの精神的苦痛を和らげ、心のケアを行うことを目的とします。
通院による症状緩和だけでなく、通院困難な患者さまの在宅ケアそして一般病棟に入院中の患者さまの症状緩和にも応じています。レスパイト入院(在宅介護者の休養)あるいは体験入院にも対応しています。がんの治療と療養全般に関する相談も承りますのでお気軽にご相談下さい。

緩和ケア外来

対象者 がんと診断された患者さま、ならびにそのご家族です(ご家族のみの相談・診療も可能です)。一般病棟に入院中の患者さまも緩和ケアのご希望があれば主治医・担当医にご相談下さい。
外来診療体制 緩和ケア担当医師・看護師・社会福祉士が中心となり診療に携わっています。状態に応じて理学療法士や管理栄養士・臨床心理士などの専門スタッフが対応致します。

緩和ケア外来受診方法

院外の患者様 地域包括ケア連携室にご相談下さい。(平日 0848-77-0955)
入院中の患者様 担当医にご相談下さい。

病棟見学にも応じています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

地域包括ケア連携室 0848-77-0955(平日8:30~17:15対応)
緩和ケア病棟 0848-76-1328(365日 24時間対応)